facilities 共用施設

新しい発想を生む空間

デザインチームを率いた武松幸治氏が打ち出した共用部のコンセプトは「Deep in Brown」。  Deep in とは没頭すること。
新しい思考や活力を生むために没頭できる場所、それが共用部の随所に表現されている。
褐色をベースに描かれた共用空間の美意識が、落ち着きを深め、想像力を高め、新しいアイデアを与える。

Owner's Suite

檜風呂をはじめ、普通のマンションの専有部では実現できない贅沢な仕様で仕立てたオーナーズスイート。
見晴らしの良い29階に設けられている。
約95m2の空間を仕切る壁はなく、代わりにガラスを用いて落ち着きと広がりのある別世界を演出。
忙しい日常を過ごす自分へのご褒美として、格別な時間を堪能できる特別な部屋。

Guest Room

眺望に優れた29階に、ゲストをもてなす宿泊施設が設けられている。
家族や友人をお部屋に招いて楽しんだ後も、快適な時間をプレゼントできる。

Grand Lobby

レセプションを設けた来訪者のためのロビー。
高級感を感じさせ、落ち着いた雰囲気となっており、 来訪者を気持ちよく迎え入れる。

Formal Lounge

フォーマルラウンジは、ペデストリアンデッキと直結するグランドエントランスの奥にある、来客時にも多用されるだろうパブリックなラウンジ。
コンソールテーブルを中心にL型に配されたベンチソファが空間の印象を司る。
自由な姿勢でくつろげるよう、背もたれのないオットマンソファー がランダムにレイアウトされている。

Studio Lounge

落ち着いた雰囲気を保ちながら、オープンな印象を大切にしたスタジオラウンジ。
フォーマルラウンジとは役割を異にし、ここでは居住者がおおらかにくつろげる。
背の低いソファーやテーブルをランダムにレイアウト。自分の住まいとは別の、もう一つの書斎かリビングかのように、自由な姿勢で読書などを楽しめる。

Private Studio

自己を磨くために設けた3つの空間を有するマスタースタジオ。
その中でプライベートスタジオは、一人の時間に没頭できるパーソナルユース空間。
ブラウンのガラスでセパレートされ、適度な静寂を保つ。
足下は落ち着きを深めるカーペットフロア。ウォールナットにより描かれた意匠は、充実した大人の時間を演出。

Common Studio

マスタースタジオの空間の一つ。
パーソナルユースのプライベートスタジオに対し、こちらは多人数でカジュアルに利用できるパブリックユースの顧問スタジオになる。
窓からの明るい光がいっぱいに広がる空間となり、開放的な雰囲気に包まれたスタディスペースと、ガラスの仕切りを設けたミーティングスペースに分かれている。

※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。

※掲載写真は竣工時に撮影したものになります。